東京パン

【東京パン】日比谷シャンテのル・プチメックで、人気の「モカ」を買いました。

先日、初対面の方に
「都内でオススメのパン屋さん教えてください」と聞かれました。
これ、一番難しい質問なのです。
行ったことあるお店はオススメなので選べない。
ただ、その中でもやっぱり一番に頭に浮かんでくるのがプチメック。
京都びいきと言われても、やっぱり好きだし安定の美味しさだし。
そのプチメックの定番人気商品、『モカ』をご紹介します。

こちらが人気商品のモカになります。

モカ 490円(税抜)
lepetitmec_moca01

デーン。
ミニ食パンくらいの大きさ1本で売られています。
以前は半分のサイズで売られているのを見たことあるのだけど
この日は1本売りのみ。

店頭の商品カードにも記載があるように、クロワッサン生地+チョコというハイカロリーな一品、いや逸品です。

コーヒーによく合う小腹を満たすための「モカ」。

lepetitmec_moca02

ギッチリ詰まったクロワッサン生地に、舌触りがザラッとしたクリーム。
噛み締めるとアーモンドの食感がガリガリとくる感じがとっても好き。
食べ応えは充分にあります。

見たい目はフォンダンもかかっているのでかなり甘そうに見えますが、かなりビターなので大人の味わい。
これを口に入れた後、コーヒーを飲むのが最高。
香りが鼻から抜けてくる。

ランチの締めに1cmくらいにカットしたのを食べるのもよし。
おやつタイムに小腹を満たすのもよし。
そんなパンです。

ル・プチメックのパンは何でも美味しい。

あんぱんもクリームパンもない、オシャレ系パン屋さんです。
だけど甘めのデニッシュもあるし、『チョコメック』という名のチョコレート生地にチョコチップの入ったパンもあります。こちらは『モカ』よりも甘め。

※京都にある『Le Petitmec OMAKE』には日本のパン屋さんらしいクリームパンや焼きそばパンなんかが主に揃っています。

サンドイッチだってパンが美味しいのはもちろんのこと、具材もしっかり入っていて1個で満腹になるものもの多い。
イートインスペースもあるので、休憩も可能。

バゲットの種類が多いのも特徴のうちの1つ。
オリーブがゴロゴロ入っているもの、生ハムが入っているもの。
どちらも薄くカットしてお酒のつまみにするのが最高です。
1本が多い人は、半分でも購入可能。

対面式の販売で、少し並ぶことが多いです。

人気店ゆえ、どの時間に行っても行列少しはあります。
昼前はやっぱりよく並ぶし。

近くで勤務のサラリーマンなんかもランチ求めて並んでいるくらい。
それでも店員さんの素早い対応でストレスなく買えます。
プチメックの店員さんは皆パシッと動かれていて気持ちがいいです。
制服も白衣で素敵。

プチメックの『モカ』まとめあれこれ

3月に受験したパンシェルジュ検定のレポートネタの為にモカを買いに行ったのです。
3つあるテーマのうち、選んで1つをレポート。わたしはこれにしました。

カフェブームですが、美味しいコーヒー、紅茶に合わせたいパンのメニューと選んだ理由をレポートしてください。

これを見た時、真っ先に思いついたのがモカ。

『コーヒーに合う』だなんて今まで意識したこと無かったのだけど、こうしてすぐ思いつくって事は体がそう感じていた・・ということなのかしら。
とか何とか思いながら、いつもより時間をかけて味わったのでした。
プチメックに行ったらぜひチョイスしてみてほしいです。

Le Petitmec HIBIYA [プチメック日比谷]

OPEN:8:00~20:00

東京都千代田区有楽町1丁目2-2 日比谷シャンテ1F

TEL:03-6811-2203

定休日: 日比谷シャンテの休館日に準じる
・クロワッサン 180円
・バゲット   250円

プチメック HP

インスタグラム

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA