東京パン

AOSAN(東京)の角食とミルヒ

とっても行きたいパン屋さんだけど、行列必死の人気店だとどうしても諦めてしまうんですよね。並んで買えなかった時の悲しみを想像するとどうしても伺うことができない‥。

そういうお店を「高嶺の花のお店」と呼んでいるのですが、このAOSANも数ある高嶺の花のお店の1つ。

だけど通販をされていることを知り、お取り寄せしました。
お近づきになれるチャンスが私にもやってきたのです!!

AOSANの通販はBaseで。

AOSANのオンラインショップはbaseにあります。
世の中のパン屋さん(に限らずだけど)は、この1年どれだけstoresやbaseに助けられていたのでしょう。
1からネットショップを作るのって大変だし費用もめちゃくちゃかかるけど、こうして簡単にオンラインショップが作れる・・。お店も、そしてお客さんも嬉しいじゃないですか。通販最高。

通販開始のお知らせはインスタグラムで

普段、ショップは全てSOLDOUTになっています。
いつ販売開始されるかはインスタグラムの投稿でお知らせされていますので、マメにチェックしておくのがベスト。
↓こちら、過去の告知投稿。



または、スマホアプリのBASEをインストール。AOSANをフォローしておくと通知が来ます。
しかも通知は翌日販売スタートのお知らせなので、通知直後に慌てて購入するーということをしなくていいのです。優しみ…。

今回購入したのはバレンタインセット

2月初旬に見つけたショップで購入したのは『バレンタインセット』と名付けられたもの。
「AOSANのパンを食べられるならどんなパンでもいいわい!」
と思って注文したので、正直中身を確認せずに購入しました。
AOSANと言えばの角食パンが入っておりました。
その他は甘めのパンが多め。

「幻の食パン」と名高いAOSANの食パン


AOSANがメディアに取り上げられる時、メインになるものは食パン。みんなこちらを目当てに行列されるとのこと。その食パンをいよいよ食べる時がやって来ました。

1斤分届いた食パン。めずらしく6枚にカットされて届きました。カットなしで届く場合がほとんどなのですよ、乾燥や冷凍焼けしないように。

解凍なしでトーストしてバターを乗せものがこちらになります。

6枚切りなので、結構薄め。食感、味、至ってシンプル。個性的な何かを感じることもなく、半分くらい食べ進めました。

よく噛んでよく味わっていると、粘りを感じたのです。かじった瞬間は表面を焼いているからサクっとしているのだけど、そこから噛みつづけていると、口の中でねっとり。飲み込んでも、味が口内に残る。その残っている味はやっぱりシンプルだけど、重い。「食べました」感がとても強い。
で、また次の一口を食べて粘りを感じる…の繰り返し。
そうしている間に完食。
すごい食パンに出会ってしまった気がするんですよね。これは行列しても食べたいわ。

ミルヒに出会ってしまった。

「ミルヒ」はドイツ語で「ミルク」という意味。
ドイツパンに「ミルヒヴェック」というパンがあって、それは小麦粉100%の生地に脱脂粉乳を加えて作られています。
このAOSANのミルヒの材料にも脱脂粉乳・・ではなく、脱脂濃縮乳と記載があったので、似たような製法で作られているのかなと勝手に想像しています。

食パンも美味しかったけど、私はこのミルヒに心を奪われました。

食パン同様に粘りを感じることもできたのも最高だった。
強すぎず弱すぎない絶妙な歯応えと、味わったことのない甘くて優しいクリームが口の中で一緒になっていく感じも最高だった。
これをまた食べたい。絶対に食べたい。忘れられないパンです。

お店に行きたくなるAOSANの通パン

人気店はやっぱり人気店である理由があるのですね。あらためて感じました。もっと食べたいので通販も積極的に利用する予定ですが、やっぱり…お店に行って買いたい。パンの匂いに包まれて、たくさん買って幸せになりたい。高嶺の花に手を伸ばしていくぞ。

基本情報

AOSAN
東京都調布市仙川町1-3-5

TEL:03-5313-0787
12:00〜18:00(パンがなくなり次第終了)

定休日
日・月

オンラインショップ
https://aosan628.thebase.in/

インスタグラム
https://www.instagram.com/aosan_bakery

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA