東京パン

牛乳食パン専門店 みるくの食パン

少し前の話になりますが、お友達に牛乳食パン専門店 みるくの食パンをいただきました。
店名だけは知っていて、いつかは行きたいと思っていたお店。
専門店ゆえに種類が少ないのでほぼ全商品いただいた形になりました。

食パン2種:東京みるく食パンと牛乳屋さんの美味しい食パン

牛乳専門店みるくの食パン2種

メイン商品である食パン2種。
手前:山型の方が牛乳屋さんのおいしい食パン
奥:角食の方が東京ミルクパン
両方とも店名通り、牛乳がふんだんに使われていることが香りからもわかるのでした。

東京みるく食パン

袋から出しただけで、甘い香りがホワーンとしてきます。
牛乳たっぷり・国産バター・生クリーム・練乳・・と乳製品だらけの材料。甘い香りは練乳かな。
生地のキメはとても白くて細かい。
ふわっと・・というよりは、しっとりねっとり系。

ホームページでは「生で食べても美味しい生食パン」と書いてありましたが、焼いて食べてみました。
焼いてもしっとり、そして甘さはしっかり感じられる食パンでした。ガッツリバター乗せて食べた。
糖分が多い分、焼き色がしっかり付くので焼く時間にはご注意を。

牛乳屋さんのおいしい食パン

さっきのみるく食パンよりはみるく感も少なめのあっさり味。それでも牛乳の味はしっかり感じられます。
こちらはしっとりというよりもっちり。
おそらくお店としてはミルク食パンを推していきたいのだろうけど、普段食べるならこっちのほうがオススメです。

こちらも焼いて食べましたが、耳の部分がすこしサクッとしてて美味しかった。こちらのパンだと目玉焼きやチーズを乗せて食べても味がぶつからないだろうな・・と思いながら検証せず完食してしまった。

サイズは両方ともスーパーで売っている食パンよりも少し小さめ。
牛乳をメインに使用したパン屋さんなので、両方ともリッチな味になっています。甘いジャムをつけて食べるのが好きな方、おやつに食べたい方にはとってもオススメな食パンです。

その他:ラスクとプリン

こちらもいただいちゃいました。
左:シュガーラスク。
右:みるく生ラスク。

「生食パン」という言葉に違和感がある私なのですが、ラスクにも「生」がついていて衝撃。
シュガーラスクの方は一般的なラスク。生ラスクはぬれおかき的なしっとりした食感。

プリンもいただきました。

記事トップの写真にあるように(個別写真を撮り忘れた)、なめらかプリン・みるくプリンもいただきました。
両方とも滑らかで、カスタードというよりは牛乳の味の方が強かった。牛乳が苦手な人には辛いかもしれない。
短めサイズの牛乳瓶に入っているので、持ち手長めの専用スプーンをつけてくださいます。

ロゴも容器も可愛いので、お土産に喜ばれそう。

お店のサイトを見ていただくとわかるように、ロゴやプリンのパッケージなんかもとても可愛いです。
プリンは4ついただいたのですが、瓶4つ入る箱が昔よく見た「家の前にある牛乳瓶入れ」の形。
しかも頑丈なので箱好きの人だとコレクションしておきたいのでは?というくらいのいい箱。美味しさ以外にそういったこともふまえて、素敵な手土産になるかと思います。

基本情報


牛乳食パン専門店 みるく
https://tokyo-milk.jp/

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!