神奈川パン

メロンパン食べ比べ(台湾メロンパン)

散歩中にたまたま見つけたパン屋さんで、メロンパンフェアーをしていた時のこと。甘いもの好きな旦那が、メロンパンを3つも購入してしまいました。その時の記録です。

フジパン系のパン屋さん、エピシェールにて購入。

お店の名前はエピシェール。調べてみたらフジパン小売店部門のフジパンストアーが経営されているとのこと。山崎製パングループが経営しているヴィド・フランス的な感じですね。

今回特筆すべきメロンパンは台湾メロンパン。
台湾ラーメン・台湾カステラなど冒頭に「台湾」とつく食べ物を見かけたことはありますが、まさかメロンパンにもつけられていたとは。

台湾メロンパンの発祥が香港という噂もありますが、エピシェールさんの商品名が「台湾」でしたので、商品名そのままで記録しておきます。

台湾メロンパン

プレーンなメロンパンに切れ目を入れて、そこにマーガリンがささっています。カロリーの塊。表面にはお砂糖もかかっていました。

奥深くささったマーガリンが水分少なめのメロンパンをなめらかにしてくれます。コーヒー必須。

栃木産スカイベリー&ホイップ

こちらもまたヘビー級のメロンパン。
おしみなく入ったイチゴクリームとホイップが口の中で嵐を巻き起こします。台湾メロンパンと連続して食べたら胃もたれしましたね。

メロンパンを食べ比べしてわかったこと

あと1つ購入していた、プレーンなふりしてプレーンでない「バニラ香るメープルめろん」は辞退しました。

あくまでも私の好みも入った上での予測ですが、メープルめろんが1番美味しかった気がします。

メロンパンって、何もしなくても美味な、完成された食べ物なんだなと初めて気がつきました。要は「何も挟まんでもいい」ということです。パン生地とビス生地で十分美味しいじゃないか。
とか言いつつ、メープルシロップがかかっているメロンパンは結構好きなんですが、挟むのではなく、かけるくらいのバリエーションくらいでいいかな。
ただ、これから美味しいメロンパンサンドに出会う可能性もあるので、そこはぬかりなく調査していきたいところです。


ここまでメロンパンの事を今まで真剣に考えたことが無かったので、甘党の旦那には良い機会をいただいたと感謝しております。
以上、メロンパンレポートでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!