メーカーパン

神戸屋のサンミー(ミニサイズ)

関東ではなかなか見かけない、サンミーをスーパーで見つけたので購入しました。
個人的に思い入れがあるパンなので文章がくどくなるかもしれませんが、良ければお付き合いください。

神戸屋のこと

大阪に本社がある神戸屋。関西のスーパーやコンビニではヤマザキの次くらい、いや同じくらいパン売り場を賑わせております。
関東のスーパーでもよく見かけますし、駅ビルで対面式のパン屋を構えていることも多い。「神戸屋キッチン」というレストランなんかもあります。
そういったところでは、ヤマザキとは少し違う方式で儲けているんだなと感じています(何様だ私)。

サンミー(今回はミニサイズ)

全国展開している神戸屋ですが、やはり関西圏にしか売っていないパンもありまして、その中の一つがサンミーです。甘い菓子パン。

名前の由来はこちら。

パンの中にクリームをサンドし、上にチョコとケーキ生地の

3つの味(三味)が楽しめる当社独自のデニッシュです。

神戸屋

三味一体ということですね、わかります。

通常のサンミーは大きな板チョコのような大きさ。
それを1つまるっと食べると相当カロリーが高いハイリスク菓子パン。勝手な想像ですが
「もうちょっと少なかったら食べるんだけどなぁ〜」という声が多かったのではなかろうか。
約3分の1くらいのサイズ(のざか調べ)になって販売されてました。

このゼブラ柄のようなチョコがけこそがサンミーのビジュアル。チョコの下はしっとりビス生地です。

中にはカスタードクリーム。てんこもり入っているわけではないので、こってりはしていません。
しっとりビス生地が食感の9割を占めていますので、さくっとデニッシュではないです。顎の裏にくっつく感じ。

数年ぶりに食べたけど、時代に合わせて甘さ控えめになっているのかしら。食後に甘さがあまり残らなかったな。嬉しいようで、なんか寂しい。

サンミー50周年おめでとう

公式サイトを見ると、どうやらサンミーは今年で50周年とのこと。ここまで長く愛されるパンってなかなかないような気がします。
学生時代、コンビニでのバイト休憩中に毎日サンミーを食べていたので、なんだか感慨深いです。
お互い歳をとったね、サンミー。
これからもサンミーが皆さんに愛されることを祈りつつ、関西に戻った時には購入したいと思います。

神戸屋サンミー公式サイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!