京都パン

【京都パン】グランマーブルファクトリー店限定 blanc(ブラン)の焼きたてデニッシュ

京都土産や引き出物などで見かけることが多いグランマーブルのデニッシュ食パン。
日持ちもするし、美味しいし・・で最高なんですが
なかなか自分で買うことがない。

工場のファクトリー店なら、焼きたてのデニッシュ食パンが買える!

という情報を聞きつけたので、これは貴重!と思い行って来ました。

グランマーブル ファクトリー店限定 blanc(ブラン)

通常みかけるグランマーブルのパンは、日持ちが10日くらいする袋に入ったもの。
今回の『ブラン』は工場から運ばれたまま、そのままの姿で店頭に並んでいます。
賞味期限も当日のみなので、なかなか貴重な1パンになってます。

毎日焼き上がり時間を教えてくれます。

1日4回ほどの焼き上がり時間があって、毎日HPでお知らせしてくれてます。
数日サイトを確認していますが、だいたい
10時
12時
14時
15時
のパターンが多いです。

ブラン焼き上がり時間のお知らせ
https://grandmarble.com/news_factory

本数限定のため、予約した方が安全。
私は前日に予約しました。

当日、お店で一緒になったお客さんは予約なしで1本購入されてましたが
その時点(開店約30分後)で在庫は3本ほどしかなかったです。

マーブルデニッシュblanc(ブラン)食べてみた

京都グランマーブル ブラン1

受け取りに行った時には、もう随分冷めていたのと
家に戻る間にも冷めてしまったので、アツアツではなかったんですが・・。

断面を見るとバターの名残
京都グランマーブル ブラン断面

それでもかなり柔らかめで、パンナイフを入れるのも一苦労。
手で押さえると形が崩れてしまうほど。

断面をみると、バターが練りこまれていた名残がある!
あー、これだけでも美味しそう。そしてカロリーを感じずにはいられない。
耳のサックリ感、中身のフワモチ感は、通常のものでは味わえない食感でした。

トーストするのとはまた違う。
バターの香りもとても良かった。
『焼きたてよりも少し置いた方が・・』
のウンチクは、このパンには必要ないです。

焼きたてなので、簡易包装。

京都グランマーブル ブラン2

いつもの化粧箱に入ったイカツイ感じとは打って変わって
パラフィン紙で包まれたデニッシュ食パン。
それをナイロンの袋に入れただけ。

熱々の時は、封ができないので仕方ない。
ちょっとわがまま言うならば、保存用の袋をいただければ・・
なんて思っちゃいました。

お店では『本日中にお召し上がりください』と言われていたから
ついてないのだろうけど。

グランマーブル ファクトリー店の場所などあれこれまとめ

京都グランマーブル ブラン店頭

この限定パンが買えるのは、ファクトリー店のみ。
京都市の中心から少し離れた場所にあります。

京都駅からだと近鉄電車京都線で3駅(上鳥羽口駅)で降りて徒歩10分ほど。
車で行ける方だと、車の方がいい場所です。

店内は1Fがテイクアウト、2Fはカフェ。
デニッシュで作られたフレンチトーストなんかが食べられます。
席数があまり多くないので、混雑する可能性は大。

前日に食べたフレンチトースト
京都グランマーブル イートイン

周りにお店が何一つないので、この店目掛けて行くことになるのですが
その価値はある。プラスカフェに行くなら、なおある。
しつこいようですが、やきたてのブランは是非予約をして買いに行ってくださいませ。

GRAND MARBLE ファクトリー店
https://grandmarble.com/factory
マーブルデニッシュ Blanc(ブラン)紹介ページ
〒601-8182
京都府京都市南区上鳥羽北島田町93
TEL 
075-682-1200
電話番号
075-682-1200
営業時間
10:00〜19:00(ショップ)
10:30〜18:30/L.O.18:00(カフェ)
定休日:無休